×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ほくろ除去の一般的な手術法

ほくろ除去の前に、ほくろの原因はいったい何なのかをまず調べてみました。ほくろの原因で多いのが、母斑細胞です。このほくろの原因としては、皮膚の深いところにメラニン色素を産出する細胞が、集まって、ほくろのができます。ほくろが出来やすいのは、体質によって、ほくろが出来やすいこともありす。ほくろにもいろいろな場所に出来ますね。顔や手のひら、舌などさまざまです。ほくろ除去ですが、最近は気軽に自分でほくろの除去できる製品も市販されているようです。ほくろ除去には、皮膚科やクリニックなどでは、ほくろのレーザー治療や手術、切除などの治療法があります。その中でも、ほくろ除去では、炭酸ガスレーザーでの除去が、一般的な、ほくろ除去の手術です。またこの治療法は、ほくろの場所にレーザーを照射して、ほくろを除去します。施術中の痛みや出血などもそれほど無いようですので、レーザーメスによるほくろ除去は、一般的な除去方です。

ほくろ除去に伴う痛みは?

ほくろを除去の相談は、皮膚科で、専門医に相談されると思いますが、ほくろの除去での一般的な方法は、レーザー除去です。レーザー除去と同じくらい簡単な、ほくろの外科手術の方法として切除縫合法があります。このほくろ切除法は、ほくろが大きめなほくろ除去に適しています。またレーザーメスを使ったほくろ除去よりも綺麗に仕上がりますね。この施術法を使えば直径6mmより大きなほくろを除去をすることができます。ほくろの切除法は、まず局部麻酔をして、メスを使ってほくろを除去していきます。ほくろ除去が終了したら、ほくろがあった表面の縫合を手術用の糸を使い縫合します。抜糸は、一週間ほどでできます。ほくろの除去をしたところを定期的に皮膚科やクリニックなどで傷口の消毒のため通院するようになるかもしれません。またほくろ除去をやってみたいけども痛みはどうなの?って思うかもしれませんが局部麻酔をするので、それほど心配はないようです。

ほくろ手術の気になる費用。

ほくろの除去や切除手術で気になるのが、ほくろ除去の費用や手術後の保障ですね。保険適用の場合ですけれど2cm以下のほくろ除去の大きさですと3割負担で5000円〜6000円くらいでほくろの除去手術を受けることが出来ます。また保険適用外の皮膚科やクリニックなどもありますので事前に確認したほうがいいでしょう。ほくろ除去では、手術を行うのに局部麻酔を施します。ほくろ除去や切除で痛さといえば局部麻酔をするときの針の痛さだけなので、麻酔の針の痛さに耐えられるのであれば、ほくろ除去での痛みを気にすることはありませんね。皮膚科やクリニックでは、ほくろ除去での局部麻酔が切れる前になると消炎鎮静剤を処方されるのでほくろ除去での痛みは、ほとんど伴わないです。大事なのがほくろ除去の前に皮膚科やクリニックで診察、相談をすることが大切です。

Copyright © 2008 ほくろ除去をするには